FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府交渉 in 福島~「避難の権利」の確立を求めて

将来は福島県のすべての除染が行われ、全国に避難で散らばった人たちが帰って来てもらうのが目標ですが、原発事故が収束していないこと、深刻な汚染エリアが多いことで特に子どもや妊婦さんなどの健康被害を考えると避難したいという家族は多い現状です。店長代行にまた重要なお知らせが来ましたため、以下に転載させていただきます。


下記のように7月19日(火)に、福島駅西口のコラッセふくしまで、政府交渉を
予定しています。今回が正念場です。福島の皆さまはもとより、全国からご参加
下さい!
===============<拡散希望!!>========================
対政府交渉 in 福島~「避難の権利」の確立を求めて
http://www.foejapan.org/energy/news/evt_110719.html
2011年7月19日(火)13:00~16:30@コラッセふくしま

=======================================================

福島市や市民団体の調査により、避難区域外においても放射能汚染が広がってい
る実態が明らかになってきました。既に、子どもたちの被ばく量は1ミリシーベ
ルトの数倍にも達しており、福島県内でも、早急に避難・疎開、夏休みの前倒し
等の被ばくの低減を、行政が主導して行うべきです。

福島には、避難をしたくてもできない人たちがたくさんいますが、避難を阻んで
いる大きな理由の一つが、「自主」避難のむずかしさや限界にあります。住民の
「避難の権利」、すなわち自らの被ばくのリスクを知る権利や、自主避難した場
合に補償等が受けられる権利を確立させていくための措置が必要です。

今回、日本政府に、避難を促進していくことを求める要請を行います。

※現在、政府と調整中のため、下記の予定が変更になる場合もあります。

■日時:2011年7月19日(火)13:00~16:30
 13:00~14:00 事前集会(交渉に向けた打ち合わせ)
 14:00~16:00 政府との交渉
 16:00~16:30 事後集会(今後にむけて)

■場所:コラッセふくしま(福島駅西口徒歩3分)
 http://www.corasse.com/category/access

■参加費:無料

■参加ご希望の方は下記のフォームからお申込み下さい。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/35134b25158681

■主催:
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 、福島老朽原発を考える会(フ
クロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、グリーン・アクション、美浜・大飯・
高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGO グリーンピース・ジャ
パン

◆問い合わせ先:
福島老朽原発を考える会 阪上  携帯:090-8116-7155
国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた) 携帯:090-6142-1807

>ちらしはこちらから(PDF版)
http://dl.dropbox.com/u/23151586/110719_kosho.pdf

※参考:
「避難の権利」集会 in 福島 報告
http://blog.canpan.info/foejapan/archive/39#honbun
※プレスリリース:福島市の土壌から チェルノブイリの「避難の権利」
区域または「避難の義務区域」以上の放射線量を検出
http://www.foejapan.org/energy/news/110705.html
※市民団体共同声明
http://dl.dropbox.com/u/23151586/110705_hinan_1.pdf

--
国際環境NGO FoE Japan
  〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8-1F
  Tel: 03-6907-7217(平日) Fax: 03-6907-7219
  Web:http://www.FoEJapan.org

福島の子どもを守るための緊急署名お願いします!

安藤花店店長代行より皆様へお願いいたします。

簡単なオンライン署名も可能ですのでぜひとも。

【拡散希望】
福島の子どもたちを守るための緊急署名
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を
http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html

紙版の署名はこちらからダウンロードできます→


オンライン署名はこちらからお入りください→


===========================
【要請項目】
1.特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進する
こと。とりわけ、子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開を実施すること。

2.子どもを含む県民の内部被ばく検査(ホールボディカウンターによる検査)
を実施すること。

3.低線量被ばくのリスクを軽視する山下俊一・長崎大学教授を、現在の福島県
の放射線リスク・アドバイザーおよび県民健康管理調査検討委員会から解任する
こと。

4.現在の法定の年1ミリシーベルトを順守すること。内部被ばくも含めた事故
直後からのトータルな線量を含めること。年20ミリシーベルト(毎時3.8マイク
ロシーベルト)基準を撤回すること。食品の暫定規制値に関しては、年1ミリシー
ベルトが可能な値とすること。
-------------------------------------------------------
【下記本文です】
                         2011年6月
原子力災害対策本部長 菅  直人様
福島県知事 佐藤 雄平様
文部科学大臣 高木 義明様
厚生労働大臣 細川 律夫様

福島の父母たちの訴えおよびそれを支える市民運動によって、文部科学省は5月
27日、今年度の学校における被ばく量を「年1ミリシーベルトを目指す」としま
した。しかしこれは、学校外の被ばく、事故直後の3月の被ばく、内部被ばくを
考慮したものではありません。既に、子どもたちの被ばく量は1ミリシーベルト
の数倍にも達しており、福島県内でも、早急に避難・疎開、夏休みの前倒し等の
被ばくの低減を、行政が主導して行うべきだという声が高まっています。私たち
は政府および福島県に対し、以下の措置を速やかに実行するよう求めます。

1.特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進する
こと。とりわけ、子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開を実施すること。

福島県内外の多くの地域で、積算線量が年間の線量限度である1ミリシーベルト
を大きく超えています。空間線量が高い状況は一向に改善されないため、これら
の地域に滞在し続ける市民は、内部被ばくを含めて、今後もさらなる被ばくが強
いられます。被ばくの影響を最小限に抑えるためにも、そのリスクが十分知らさ
れた上で、線量が低い地域への避難が急がれます。とりわけ、放射線に対する感
受性が高い子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開、夏休みの前倒しを最優先に実施
すべきです。文科省は、夏休みの前倒しは学校長の判断により行われるものとし
ています。すみやかに実行すべきです。

2.子どもを含む県民の内部被ばく検査(ホールボディカウンターによる検査)
を実施すること。

現在の国および行政の対応は、内部被ばくをほとんど考慮に入れていません。実
際には、食物の摂取やほこりの吸引等に由来する内部被ばくの影響はかなりある
と考えられ、県民の間に不安が高まっています。希望する県民には誰でも、自ら
の内部被ばくの実態を知るためにホールボディカウンターによる検査を受診でき
るようにし、詳細な検査データを本人に開示すべきです。

3.低線量被ばくのリスクを軽視する山下俊一・長崎大学教授を、現在の福島県
の放射線リスク・アドバイザーおよび県民健康管理調査検討委員会から解任する
こと。

現在、福島および関東圏における子どもたちの安全を確保する上で、もっとも注
意を払うべきなのは、長期的な低線量被ばくの影響です。山下俊一・長崎大学教
授は、低線量被ばくのリスクを軽視し、「100ミリシーベルトまでは、妊婦も含
めて安全」との言動を福島県内で繰り返しています。原子力安全委員会は、20ミ
リシーベルトを安全とする委員や専門委員はいないと述べていますが、山下氏の
言動はこれに反しています。国際放射線防護委員会(ICRP)も含め、低線量被ば
くであっても線量に応じて影響が出るとするモデルが国際的な常識であるのにも
かかわらず、同氏は、それを無視しています。山下氏は医師向けの文書では「10~
100ミリシーベルトの間で発がんのリスクを否定できない」と全く異なることを
述べています。低線量被ばくを軽視する人物が、県民の健康をあずかるリスク・
アドバイザーであることは、非常に問題です。県民のリスク・アドバイザーなど
には、低線量の被ばくリスクを認識する立場をとる科学者が求められます。

4.現在の法定の年1ミリシーベルトを順守すること。内部被ばくも含めた事故
直後からのトータルな線量を含めること。年20ミリシーベルト(毎時3.8マイク
ロシーベルト)基準を撤回すること。食品の暫定規制値に関しては、年1ミリシー
ベルトが可能な値とすること。

現在、福島県も含め、公衆の線量限度は、「放射性同位元素等による放射線障害
の防止に関する法律」などで年1ミリシーベルトと定められています。行政は、
内部被ばくも含めたトータルな線量において、この規定を順守すべきです。4月
19日に、文科省が福島県に発出した校庭利用の暫定目安となっている通知に記載
されている年20ミリシーベルト、校庭において毎時3.8マイクロシーベルトは撤
回すべきです。また、現在の食品の暫定規制値(「飲食物摂取制限に関する指標」)
では、規制を守ったとしても最大で年17ミリシーベルト(注)の被ばくを受ける
可能性があります。食品の暫定規制値は年1ミリシーベルトを順守できる値とす
ることを求めます。

(注)今般採用されている食品の暫定規制値の算出根拠については、原子力安全
委員会『原子力施設等の防災対策について』(昭和55 年6月制定、平成22 年8
月一部改訂)「付属資料14 飲食物摂取制限に関する指標」および食品安全委員
会『放射性物質に関する緊急とりまとめ』(2011年3月)を参照。

(呼びかけ団体)
子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
国際環境NGO FoE Japan
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

(連絡先)
国際環境NGO FoE Japan
Tel: 03-6907-7217(平日のみ) Fax: 03-6907-7219
E-mail: finance@foejapan.org

(賛同団体)
本署名を広くよびかけていただくことにご協力いただくため、賛同団体を募集中
です。
上記宛にご連絡ください。随時、ホームページ等の案内に団体名を表記させてい
ただきます。

(紙による署名)
http://dl.dropbox.com/u/23151586/kami_kodomosyomei.pdf

(オンライン署名)下記からお願いします。
http://goo.gl/3Sh81
一次締め切り:6月20日
二次締め切り:6月30日
最終締め切り:7月5日

6月26日(日)1万人ハンカチパレード ~さよなら放射能~ に参加しよう!!

福島県の皆さん!

6月26日(日)に原発・放射能にさようならをする大イベント1万人ハンカチパレードにご参加ください。
首都圏からも福島を応援する人たちが参加されます。風船プロジェクトを計画中だそうです。
安藤花店店長代行も情報発信「生活村」から気持ちを明るくし免疫系をアップするといわれる香りを会場に提供しつつ参加し、パレードにも参加します。以下、福島子どもネットのイベント情報から転載させていただきました。


6・26は福島市で1万人ハンカチパレード

県都福島から声をあげよう!立ち上がろう!
グッバイ原発!さよなら放射能!!
  
6月26日(日) 1万人ハンカチパレード
福島アクション
10:00 
  ↓   生活村オープン 会場:AOZアオウゼ(MAXふくしま4階)
12:30
13:30 パレード集会 会場:福島県庁前広場
14:30 ハンカチパレード
  ↓  ハンカチを持参して下さい!プラカード・ゼッケン歓迎!!
15:30 県庁前解散
●主催/6.26福島アクションを成功させ隊 080-5563-4516(佐々木慶子)

ご都合でパレードのみのご参加も大歓迎です。


生活村について

~本当のこと、確かなことを、知って守りたい 子どものいのち 自分のいのち~

☆避難村には最新避難情報を
☆除染・測定村には福島汚染マップを
☆知識普及村は入口ロビーに関連情報展示
※共有したい本などございましたら当日お持ちください
☆カラダ村には3つのブースを用意します
・5年後福島の子どもたちがガンで苦しまないために(橋本治療室)
・排毒と発汗促す簡単手当(整体的子育て丸森あや)
・気功で手当て(地玉でいのちを守る会)
☆食の村には「広島の知恵」や「玄米ごはんのブース」
☆お母さん発信村
・ホメオパシー
・ハンドリフレクソロジー
・マクロビオティック
・ママカフェ(玄米コッペパンを食べながらおしゃべり)
☆子どもランド「ママ行ってらっしゃい」子どもたちが遊べる場所をご用意します
(10000万人パレード中もお預かりします)
☆小さな映画村では随時DVD上映(別室)
・「福島原発で何が起こっているのか」小出裕章(京都大学原子炉実験研究所)
・「矢ヶ崎克馬衆議院国会審議参考招致」矢ヶ崎克馬(琉球大学教授)
■日時 6月26日(日)10:00~12:00
■場所 A・O・Z(アオウゼ)
     〒960-8051 福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま4階(元さくらの4階)
     電話(024-533-2344)
■交通 福島駅東口:徒歩10分
      福島交通バス:「MAXふくしま」停留所より徒歩3分
      福島交通飯坂線:「曽根田駅」より徒歩1分
■駐車台数 MAXふくしま駐車場をご利用いただけます。
        約1,000台 2時間無料
        以降30分ごとに100円。
■参加費 無料

と2時間で盛りだくさんな内容です。お時間が作れましたらパレード前に是非お越しください!

お母さんの「わたしの主張」6.11 in 福島  ~子ども福島ネット~

安藤花店店長代行より 福島市にお住まいの皆様へ

子どもを放射能から守る福島ネットワークのイベントを紹介させていただきます。
今度の土曜日、テルサです。
以下に福島子どもネットのブログより詳細を引用させていただきました。ぜひご参加ください!

お母さんの「わたしの主張」6.11 in 福島  ~子ども福島ネット~

~6.11脱原発100万人アクション・福島からの声~

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、国内観測史上最大のマグニチュード9.0を記録したくさんの尊い命が失われ、多くの方が被災しました。
そして、いまだに収束していない原発事故は3ヶ月たった今も大地や大気を汚染し続けています。

いま、どんな気持ちでいますか?
日々、どんなことを悩んでいますか?
これからのこと、どんなふうに考えていますか?
どんな未来を思い描いていますか?

原発震災発生から3ヶ月目の6月11日は世界中で原発を考える集会やパレードなどが行われます。
6.11脱原発100万人アクションの日に福島から、世界へ 
わたしたちの声を届けましょう!
わたしたちの想いを届けましょう!

■日時 2011年6月11日(土) 09:30~12:00
■場所 福島テルサ・あぶくま(大会議室)
    福島市上町4-25 福島駅より徒歩10分
    http://www.f-shinkoukousha.or.jp/terrsa/access.html
先着120名(予約不要)
■持物 マイカップをお持ち下さい(柿茶などを用意しています)
※主張したいことやお話したい気持ちもご用意下さい。
■参加費 無料
(子どもたちを放射能から守るための活動へのご支援をお願いします)
■主催 子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
■世話人 丸森あや(090-4226-6068)
___________

5月16日 武田邦彦先生が福島市に来る!!

環境学者であり、長年原子力に携わってこられた武田邦彦先生が講演をされます。

TVタックルやさんまのホンマでっかTVでもおなじみの武田先生です。

環境学者ならではの切り口でこれからの福島で暮らす人たちに被爆を極力減らしてなるべく楽しく、賢く暮らす方法を伺いましょう!実は今の日本で一番読まれているブログを書いている先生かも。

下記に武田先生のブログの告知から詳細をコピーいたします。


日時  2011年5月16日(月)


14時30分開場、15時開演、17時終了予定

演題  「食と放射能」

場所  A.O.Z(アオウゼ)

福島市曽根田町1番18号 MAXふくしま4階 多目的ホール

Tel 024-533-2344

駐車場 MAXふくしま内の駐車場をご利用いただけます。

2時間無料 以降30分ごとに100円。

入場無料、事前の申し込みも不要です。ただし先着200名様となります。

サイトウ洋食店 代表 齋藤 正臣   Tel 024-521-2342


※もしかすると原発事故以降は池上 彰さんを抜いてお父さんにしたい人ナンバーワンかも知れません。

武田先生のブログ

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

安藤花店☆店長代行☆

Author:安藤花店☆店長代行☆
福島市・北町 池坊いけばな教室@安藤花店のブログにようこそ!
安藤花店の店長およびスタッフは高齢かつパソコンもデジカメも携帯電話すら使えない機械オンチのため、親戚である私め安藤花店店長代行がこのブログを運営しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。